【ジャカルタ・フォーカス】公と路上のルールぶつかる タナアバンの露店撤去

 東南アジア最大級の衣料市場、中央ジャカルタ・タナアバン。首都最大級の露天商街の間を荷役、売り子、買い物客ら雑多な人々が行き交い、「チャリ・アパ?(何をお探しですか)」の声が乱れ飛ぶ。全国で服が一番安い、昔ながらの市場だ。
 ジャカルタ特別州がタナアバンで露店の撤去を始めたのは6月初旬。タナアバンの深刻な渋滞は周辺のオフィス・官庁街にまで影響を与えている。その大本が路上を占拠する露天商だと名指しした。
 だが、露天商の頑強な抵抗が待っていた。警備隊が早朝、露店を撤去をしても昼には露天商が帰ってくる。「ディズニー映画のトム・アンド・ジェリーのようだ」(アホック副知事)。州は「公道で商売するのは間違っている」(ジョコウィ知事)という公の論理を掲げる。一方、露天商が従うのは、慣習的に続いてきた路上のしきたり。新旧のルールがぶつかる。
 子ども服を売る露天商マヌイザルさん(57)はタナアバンで30年商売をしてきた。「ブタウィ(ジャカルタ土着の民族)の古い人だけがここに場所を持つことができる」。露天商は地回りのプレマン(チンピラ)と町内会長に警備費、場所代を毎月収めているため、路上で商売する権利があると考える。マヌイザルさんは「路上は客が多い。テナントビルに入っても、賃貸料が払えなくなり破綻する」と訴える。
 州は付近の州営市場ブロックGを移転地に用意したが、露天商からは不満の声が漏れる。サッカーユニフォームの露天商ジュナイディさん(50)は「あそこの3階で商売して客が来るはずない」と吐き捨てた。ブロックGは老朽化した小ぶりの3階建て。1、2階は入居率が8割ほどだが、移転地の3階はまさしくシャッター街だ。中年男性らが興じる遊技カルトドミノの牌が卓を叩く音が響き、カキリマ(移動式屋台)の労働者が昼寝している。1階の一部は牛肉のと殺や解体所があり、服飾品を売るのにはふさわしくない。
 しかも1区画は1.5×2メートルの狭さだ。服飾卸売商のペンディさん(49)は「この店舗は小さすぎる。アナック・カンビン(山羊の子)のよう。しかも皆が嫌う高層階だ」と言った。「露天商はみな店舗を持つ金のない人たちだ。退いたら生活できなくなるから、絶対に帰ってくる」と話した。
 州は対応策を練った。ブロックGの賃貸料を無料にすること。それと同時に、ジョコウィ知事は地回りと話をつけたと明かし、来月9日を立ち退き期限に定めた。露天商はブロックGに入居登録する者としない者で割れ始めた。(吉田拓史、写真も)
×  ×
 急速に変化を遂げる首都ジャカルタの動きを詳しく報じる小欄「ジャカルタ・フォーカス」を不定期掲載します。

◇関連記事
【【変わるタナアバン】(下)山羊売りから王様へ(2013年09月07日)
【変わるタナアバン】(中) 再開発、目覚める (2013年09月06日)
【変わるタナアバン】(上) 元露天商、路上への郷愁も(2013年09月05日)
「露天商の総本山」落城か 撤去、移転以外の選択なし タナアバン(2013年08月15日)
帰りなん、ふるさとへ タナアバン露天商移転(2013年08月13日)
路上の味、忘れがたし  州の揺さぶりに抵抗続く タナアバンの露天商撤去(2013年07月31日)
【ジャカルタ・フォーカス】公と路上のルールぶつかる タナアバンの露店撤去(2013年07月26日)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly