日本にフォーカス ドキュメンタリー映画祭 ジョクジャできょう開幕

 国内初のドキュメンタリー映画祭として2002年に始まった「ジョクジャカルタ・ドキュメンタリー映画祭(FFD)」が7日、ジョクジャカルタ特別州で開幕する。コンペティションへの応募と上映作品数は計71本。国際交流基金アジアセンターからの助成を受け、ことしから始まる新プログラム「フォーカス・ジャパン」で、日本人監督の短編作品が上映される。10日まで。             
 ことしのテーマは変位や置換などの意味を持つ「ディスプレイスメント」。国内とインドや台湾、イラク、米国、カナダなど国外から短編、長編作品が集まる。
 新プログラムのフォーカス・ジャパンでは、長い年月を経て確立された芸術文化を持つ日本に、ドキュメンタリー映画5本を通して迫る。上映されるのは、ドキュメンタリーを紹介する雑誌「ネオネオ」で編集委員を務める吉田孝行さんの短編「ぽんぽこマウンテン」(16年)と、日本を題材にした外国人監督の作品4本。
 映画祭実行委員会でフォーカス・ジャパンを担当するアリアさんは「インドネシアでは、ドキュメンタリー映画を知らない人も多い。日本の映画からも多くを学びたい」と話した。
 会場は、ジョクジャカルタ特別州の文化施設「タマン・ブダヤ・ジョクジャカルタ」と在ジョクジャカルタ・フランス文化代表部、写真や映画を無料で教える「クラス・パギ・ジョクジャカルタ」の州内3カ所。
 開場時間は午後1時〜同10時。いずれも入場無料。7日午後7時からはオープニングイベントが開かれる。フォーカス・ジャパンの予定を含む詳細はウェブサイト(ffd.or.id)で。(中島昭浩)

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly