寝坊で135人命拾う イスラム学校の学生 アチェ北部地震

 「不思議なことに、皆が寝坊してしまったんだ」。100人を超える命を奪ったアチェ北部地震。被災地のピディ・ジャヤ県ムルドゥ市近郊では、毎朝通っているモスクに行くはずの時間に間に合わず、イスラム寄宿学校(プサントレン)の学生135人が命を拾った。

 同市内の国道沿いにあるモスク「ジャミ・クバ・パンワ」。
 真裏にあるプサントレン「マドゥラス・ウルウクルアン・ピディジャヤ」では地震発生時、中学生と高校生の男女計135人がいた。普段は午前4時15分ごろに学校を出て、モスクに向かう。ところが、7日朝は、学生や教員らの多くが寝坊してしまい、各自がモスクに向かう準備をしている最中の午前5時すぎ、激しい揺れに見舞われた。 
 同校で教員を務めるタアクマルザニさん(34)によると、校舎からの出口は1カ所だけ。「津波が来る!」と叫ぶ子どもたちがおり、それにつられて皆、高い場所を目指して走った。混乱の中、約20人が重軽傷を負った。
 タアクマルザニさんは当時を振り返る。「地震が起きたときは停電で真っ暗。どうしていいか分からなかった。揺れが続く中、それぞれ学校から走って逃げた」。
 学校の内部は屋根や壁が崩落、ガラスや本、服などが散乱。同校に通う生徒とその家族らが荷物を回収しに訪れていたが、悲惨な状況に涙していた。
 一方、大きく傾いたモスクでは、記者やカメラマンの他に記念撮影をする住民も。市内では、がれきの撤去作業が続くパサールなどの周辺では、通常通りカフェやワルン(屋台)、アチェ料理店などが営業を再開。各地から集まった報道陣に混じり、解体作業を眺めながらコーヒー片手におしゃべりする住民の姿もあった。(毛利春香、写真も)

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly