天井から光のシャワー  ジョンブラン洞窟探検 ジョクジャカルタ

 ジョクジャカルタのグヌンキドゥル県にあるジョンブラン洞窟は、地面に空いた巨大な落とし穴のような形をしている。落とし穴の中に降りて洞窟の中を歩くと、光のシャワーに出会う。「遺跡」「文化」という、いつものジョグジャ観光に、「自然」という顔も加えたい。

 ジョクジャカルタの街の中心から南東へ車で約1時間半。険しい山道を登って行くと、赤い瓦屋根の建物が見えてくる。ここがジョンブラン洞窟ツアーの受付だ。
 ジョンブラン洞窟は約1800万年前に石灰岩が隆起した後、長い年月を経て雨風に侵食され、地下水路や洞窟が形成された。その結果、直径約50メートル、深さ約40メートルの縦穴が空いた、巨大な落とし穴のような現在の形状になった。洞窟内部では、ほかの洞窟ともつながっている。

■道のり
 洞窟ツアーを申し込んで番号札をもらい、出発時間まで待つ。私が参加した日は約40人が集まった。定員は80人だという。
 いざ出発。インストラクターの案内で、洞窟の縁まで歩く。そこから受付番号順に2人1組となり、ヘルメットとハーネスを身に着け、高さ約40メートルの断崖絶壁を降ろされる。
 緊張と不安の中で下降が始まったが、時間にして30秒ほど、あっという間に洞窟の底へ到着し、ほっと一安心した。
 全員が洞窟の底に着いてから、洞窟探検が始まる。地下でつながっている別の洞窟に向かって、ぬかるんだ地面を約200メートル歩く。

■フォトジェニック
 そこに現れたのは、光のシャワー。洞窟の天井の穴から、幻想的な太陽の光がまっすぐに、暗い洞窟の中へと降り注いでいる。
 ここがフォトスポット。インストラクターは、写真がきれいに撮れる位置を教えてくれ、光のシャワーをバックに写真を撮ってくれる。
 この景色が見られるのは、もちろん、晴れの日限定だ。天気の良い日を狙って行くとよい。
  ×   ×
 今回のような一味違った観光も面白いかもしれません。インドネシアの自然の力を楽しんでみてください。(パンダバス、藤田龍一、写真も)

パンダバス
電話 021・722・1022
ウェブ https://www.pandabus.com/jkt/
メール  jkt@pandabus.com

おすすめ観光情報 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly