ゾウに乗ってジャングルへ スマトラ島タンカハン 自然を満喫

 今回はスマトラ島北部の「タンカハン」についてご紹介したいと思います。タンカハンは以前紹介した「ブキットラワン」と同じグヌンルスル国立公園の一部で、スマトラの熱帯雨林群として、世界自然遺産にも登録されています。

■タンカハンの行き方

 北スマトラ州メダンのクアラナム空港から車でメダン市内を経由し、約4時間かかります。かなり悪路ですが、道中はパームオイルのプランテーションから始まり、のどかな田舎風景が車窓から楽しめます。

■ゾウのアクティビティー

 タンカハンはゾウの保護区にもなっており、ゾウとのふれ合いができます。人気なアクティビティーが「ゾウの水浴び」と、「ゾウ乗りトレッキング」。水浴びでは、川で「ごろーん」と横になるゾウをブラシできれいにしてあげます。ブラッシングしているとゾウの鼻から水が飛んできて、一緒に「水浴び」もでき、ゾウとたくさんコミュニケーションが取れます。水浴びですっきりした後は、皆で集合し記念撮影。
 そして、ゾウに乗ってジャングルトレッキングに続きます。バリのウブドでゾウ乗りを体験しましたが、それに比べると、今回は大自然の中をゾウに乗ってのトレッキングが約1時間もあり、本格的なものでした。
 ゾウに乗って山の中を上り下りするのもスリルがあって楽しめる他に、森の中にはさまざまな動植物がおり、それらを見ることができました。
 ゾウのアクティビティーの他にも、川の底がはっきりと見えるほど、透明度の高くきれいな川や、川の中で現地の方が水浴びをする生活も垣間見ることができます。

■旅のココにご注意

 金曜日は森のパトロールでゾウが使われるため、アクティビティーはございません。
 宿泊施設は市内のホテルのような設備はなく、バンガロータイプになります。温水はなく水シャワーのみになります。
 服装は山の中になるので朝夕は冷え込むため、何か羽織るもののご持参をお勧めします。また、トレッキングがメーンになるためトレッキングシューズの他に、川のチューブ下りなども含まれるため、ビーチサンダルや水着などもお忘れなく!

■コース

 タンカハンとブキットラワンを回るコースが人気。ブキットラワンには希少動物やオランウータンの保護区もあり、珍しい動物とも出会えます。(ビーウィシュツアー、松田哲也、写真も)

ビーウィシュツアー
電話 0812・8718・9325
ウェブ www.jakartabewishinternational.com
メール jakartabewish@gmail.com

おすすめ観光情報 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly