青い炎とカルデラ湖 ジャワ島東端 バニュワンギ、イジェン山

 ジャワ島東部にある都市バニュワンギ。バリ島へのアクセスがよく、近年ジャカルタ―バニュワンギ間の直行便が増えており、インドネシア政府が観光開発に力を注ぐエリアの一つとなっています。今回はそんなバニュワンギの自然あふれるスポットを紹介します。

■火口へチャレンジ
 まずはバニュワンギ中心部から約1時間半の位置にあるイジェン山。結構いい運動になる登山、ガスマスク必須となる硫黄の立ち込める現場付近と、チャレンジングな要素はありますが、バニュワンギ地区での一番の人気スポットです。
 イジェン山の最大の特徴は、火口付近で青い炎(ブルーファイア)を見ることができることです。青い炎の正体は硫黄ガスの燃焼。ガスを火口付近から放出しており硫黄発掘所にもなっています。日本のテレビ番組でも多く特集され、話題のスポットです。世界でも大変希少で、インドネシア人、外国人ともにたくさんの観光客が訪れています。
 ブルーファイアは夜の暗いときにのみ見ることができるので、夜中にイジェン山に登り始めます。登山口まではジープで向かい、夜中2時ごろから登山開始です。約1時間急な坂を登り、その後ブルーファイアが見える火口へ向かって約30分かけて降りていきます。
 普段あまり運動しない方は要注意です。思っていた以上に急な坂で、標高が高く酸素が薄いので、私は息が苦しくなりました。ブルーファイアは夜が明けるとすぐに見えなくなるので時間との闘いです。途中から硫黄煙が強くなるのでガスマスクを使用。心中穏やかでなく、硫黄の臭いがするということはブルーファイアに近い。ただ周りが明るくなり始めているっ!——と焦りまくってました。
 夜明けぎりぎりにわずかな時間でしたがブルーファイアに出会えました。確かに炎が青い! 硫黄の火山ガスが出ている隙間からブルーファイアが見えました。夜が明けて回りを見渡すとすぐ隣にターコイズブルーのカルデラ湖が見えました! こちらがとても神秘的で、ブルーファイア以上に感動しました。火口を見るだけでも十分価値があるイジェン山です。
■草原地帯も
 バニュワンギはイジェン山以外にもさまざまな観光地があります。インドネシアのアフリカ(サバンナ)と呼ばれるバルラン国立公園では、ほかのエリアにはない草原地帯を見ることができ、写真に収めたくなる景色が広がります。
 コーヒー豆栽培も盛んで、道中ではプランテーションが広がるエリアもあります。また、バニュワンギはバリ島に連絡フェリーでアクセスでき、海岸線からバリ島を眺めることができるほどの近さです。バリ島側ではシュノーケルやダイビングで有名なムンジャンガンというエリアもあります。
 まだまだ観光開発の可能性を秘めているバニュワンギ。
 おすすめです!(パンダトラベル、直井剛史、写真も)

◇パンダトラベルジャカルタ支店
電話 021・722・1022
ウェブ www.pandabus.com/jkt
メール jkt@pandabus.com
ツアー https://www.pandabus.com/jkt/topic/0093/

おすすめ観光情報 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly