【西仲崇行の為替経済weekly】米政策に左右される構造に 外国人向け料金に違和感

 先週のルピア相場は月末・四半期末固有の実需、および外貨債務ヘッジのためのルピア売りの影響で週前半は1ドル1万3400台までルピア安が継続した。ただ、米連銀のイエレン議長が利上げには慎重、というスタン.....

総文字数 :1056文字 残り956文字

この記事は有料記事です。有料会員の方はログインしてください。

ログインID:
パスワード:

デジタル版のお申込みはこちらから。

為替経済Weekly の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly