雨期のバリの過ごし方 Bali in the Rain 森、舞踊、スパ、買い物

 ジャカルタも最近は雨期らしくなってきました。バリ島での雨期はどうでしょうか。2年間バリで生活した経験から、雨期のバリ島での過ごし方をご紹介します。雨期だからこそ楽しめることも結構あります。思い立ったら手軽に行ける近さもインドネシアに住むからこそ。今度の休みにいかがですか。

 「バリ島へ行くのにお薦めの時期は?」と聞かれたら、正直、やはり乾期であると言わざるを得ません。ただ、それは雨期と乾期を比べた場合であって、決して雨期がダメということではありません。むしろ、雨期ならではの過ごし方にも、バリ島の魅力が詰まっているのではないかと思います。お薦めの過ごし方をご紹介します。

■神々しいウブドの森

 雨期におけるバリ島の過ごし方でお薦めしたいのが、ウブドでの宿泊。神々しさを感じる、どこまでも深い森。その森全体に充満するマイナスイオン。「神々の島」を体感できると思います。
 ポイントは、森を十分に感じることのできるホテル選びです。部屋のバルコニーから雨露のしたたる森を眺めながらのんびりする、という滞在ができるホテルも数多くあります。ヴィラ・タイプの部屋でホテルにこもる、プライベート・ステイもいいかもしれません。

■民族舞踊いろいろ

 次にお薦めしたいのは民族舞踊です。1回と言わず、いろいろな舞踊を気の向くままに楽しんでみるのも良いでしょう。
 ウブドのさまざまな会場では、地元の伝統舞踊チームが踊りを披露しています。屋根付きの会場もあるので、雨でも安心です。
 ビーチ・エリアに足を向けると、設備の整った完全屋内の会場で、ストーリー仕立ての近代的な民族舞踊ショーを楽しむこともできます。

■スパ・パッケージ

 天候に左右されないアクティビティーとして不動なのは、スパです。スパにもたくさんの種類があり、値段、時間もさまざまです。
 お薦めとしては、3〜4時間かけてじっくりトリートメントを味わうことのできるスパ・パッケージです。トリートメント・ルームからウブドの森やインド洋の景色を堪能できるスパもあります。
 あまり値段の安さだけを追求すると、期待値に届かない場合があります。いろいろ調べて、納得のいくスパを選びましょう。事前予約をお忘れなく。

■スミニャックで買い物

 ショッピングで有名なエリアはクタ・レギャン地区とスミニャック地区。
 特にスミニャック地区は、おしゃれなセレクトショップや趣向を凝らした雑貨屋のほかに、伝統的なマーケットもあり、1日いても飽きません。(パンダバス、直井剛史、写真も)

パンダバス
電話 :021・722・1022
メール :jkt@pandabus.com
ウェブ :www.pandabus.com/jkt

おすすめ観光情報 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly