【スナンスナン】 60種のパンやケーキ レバント フランス風朝ごはんも

 「おいしいパンが食べたい!」――レバント・ブーランジェリー・エ・パティスリーは店主ラモン・メディナさん(57)のそんな思いからできたパン屋だ。南ジャカルタ区チプテのフランス人学校そばにある2号店を訪れた。

 広い窓が特徴的な店内は光が差し込み、開放的。コーヒーや朝食、ランチメニューも豊富で、日曜の朝には、日本人やフランス人の家族連れなど幅広い客層が来店し、食事を楽しんでいた。
 店にはバゲットやクロワッサン、レーズンパン、などのパン22種、キッシュ8種、ケーキ30種などがずらりと並ぶほか、ソーセージやジャムなどの輸入食品もあり、これを目当てにやって来るフランス人の姿も。
 フランス・リヨン出身のメディナさんはフランス人学校の音楽教師として2013年に来イした。ジャカルタで生活する中で、「おいしいパンがない」という不満から、パン作りを決意。ユーチューブなどで独学し、14年、南ジャカルタ区クマンに1号店をオープンした。翌年にチプテ店を、18年3月には同区チランダックのエグゼクティブ・パラダイス・アパートメントに3号店を開いた。
 おすすめはイースト菌の代わりに、小麦粉と水のみでできる「サワードウ」で発酵させた、素材の味を楽しめるシンプルなパン。レバントではフランス産5年物のサワードウをパン種として使い、バゲットやカンパーニュなどを販売している。
 また、オムレツやリゾット、パスタなどのメニューも充実。日本人にも人気というリゾットは、ドライトマトとモッツァレラチーズなど3種(いずれも8万5千ルピア)から選べる。卵を白くなるまで泡立てて作ったモンサンミッシェル風オムレツ(6万7千ルピア)は4種類ある。
 フランス語で朝食を意味するプティ・デジュネ(7万4千ルピア)は、フランスの朝食の定番、ジュースとクロワッサンなどのパン、コーヒーのセット。フレッシュオレンジジュースとサクサクのクロワッサンは一日の始まりにもってこいだ。
 メディナさんは「インドネシアに来て最初の1年目は、すぐにでも帰りたいと思っていたのに、もう6年目。従業員も増えて、なかなか辞められないね」と笑う。(坂田優菜、写真も)

Levant Boulangerie et Pâtisserie チプテ店
住所 Jl. Cipete Dalam No. 9A, Cilandak, Jakarta Selatan
電話 021・766・1453
営業 月〜土曜 午前7時〜午後7時
日曜  午前7時〜午後3時

特別企画 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly