【スナンスナン】サルサで楽しむ金曜の夜 南ジャカルタ・クマン マルガリータで踊る

 金曜の夜、ジャカルタにいるさまざまな国の人が集まり、サルサダンスを踊るレストランがあるという。外国人も多く楽しいよ、と聞かされ、訪ねてみた。

 2階にある店に向かう階段を登っていると、若い男女の笑い声とジプシーキングスの「ボラーレ」が聞こえてきた。曲名は知らなくても誰でも一度は耳にしたことのある明るい曲だ。薄いドアを開けると、ほの暗い店内で大勢の人が楽しそうに踊っていた。
 約150席ある店内は中央が吹き抜けになっている。毎週金曜の夜はステージ前の席の一部を片付け、空いたスペースがダンスフロアになる。
 メニューには肉類と酒類が多く並ぶ。牛サーロインのプレート(21万9千ルピア)とチキンタコス(10万9千ルピア)、マルゲリータ(12万5千ルピア)を注文した。
 料理を待っている間、ボーイズ・タウン・ギャングの「君の瞳に恋してる」が聞こえてきた。これも聞いたことがない人を探す方が難しい曲だ。大盛り上がりの店内を、店員は絶えず早足で歩き回る。マネジャーのエディさんは「『お客様は王様』が方針だから」と灰皿を素早く拭きながら話す。
 注文から10分弱で牛型の鉄板に入ったプレートが出てきた。サワークリームやアボカドなどを使った4種類のソースと4枚のトルティーヤが付く。オーストラリア産の牛サーロインは程よいかみごたえで肉汁もたっぷり。オニオンやパプリカなど野菜が多いのもうれしい。
 タコスにはチキンライスとアボカドベースのソースが付いてくる。シャキシャキのキャベツとトマトの組み合わせがクセになる。
 もちろんビールと合うのだが、少し凍ったフローズン・マルガリータが口を冷ましながら食べ進められて相性がいい。気がつけばグラスもプレートも空になっていた。一人だったが気分が良くなり、ダンスフロアへ。そこでインドネシア人の女性にダンスを教えてもらった。
 同店は1979年創業の老舗だ。現在も外国人客は多い。10カ月前に来イし、在インドネシアコロンビア大使館に務めるパブロさん(29)は同僚らと来店。「音楽は本格的だし、アットホームな雰囲気がとてもいい」と話す。(大野航太郎、写真も)

◇Amigos
住所 Kemang Club Villas Apartemen
   Jl. Kemang Selatan I Bangka, Mampang 
   Prapatan, Jakarta Selatan
☎  021・ 7192・584
営業 月〜木曜 午前10時〜翌午前0時
   金・土曜 午前10時〜翌午前1時
   日曜 午前10時〜午後11時

特別企画 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly