【スナンスナン】川の上のレストラン アンペラ橋を眺めながら 南スマトラ州パレンバン市

 スマトラ島南部最長の河川「ムシ川(全長750キロ)」が町の中心を流れる南スマトラ州パレンバン市は、中心となるアンペラ橋や小船、屋台を訪れる人などで川沿いがにぎわう。少し歩いておなかが空いたところでお勧めしたいのが、アンペラ橋から南西500メートルにある「リバー・サイド・レストラン」だ。

 川沿いにある店内を奥に進むと、川に浮かぶ船造りの本館へ。特に人気がある席は、外の風を感じながらアンペラ橋を見ることができるフロント。本館は3階建て全380席あり、最上階は貴賓席で結婚式で利用されることも多い。夜には、ライトアップしたアンペラ橋を眺めながら食事ができるほか、週末の夜には生演奏が行われ、地元の人や観光客でにぎわう。また、政府関係者が訪れるなど市内でも人気が高く、格式高いレストランという位置づけだ。
 メニューは朝食が34種類、ランチとディナーは174種に上る。飲み物とデザートだけで71種。インドネシア料理がメーンだが、中華料理、西洋料理を楽しむこともできる。メニューの7割がムシ川で捕れた魚などの魚介を使っているという。
 パレンバンといえば、ペンぺが有名だが、もう一つお勧めしたいのがピンダン(甘辛いスープ)・イカン・パティンだ。名物料理で、甘辛いスープに魚、トマトやパイナップルなどが入る。辛いような酸っぱいような甘いような味で、やみつきになりそう。
 魚以外にもほかの海鮮をメーンにしたものもあり、エビが乗ったピンダン・ウダン・サタン(9万5千ルピア)は大人気だという。ほか人気メニューは、ムシ川のカニとまんじゅうのセット(100グラム3万5千ルピア)で辛いソースも捨てがたい。
 同レストランは2008年の開業以来、政府関係者らが訪れたり、メニューが人気となり、大きくなってきた。パレンバンのエディ・サンタナ元市長も愛用していたという。営業は午前7時から午後11時まで。(上村夏美、写真も)

◇River Side Restaurant
住所 Kawasan Wisata Sungai MusiJalan Benteng Kuto Besar, 19 Ilir, Bukit Kecil, Kota Palembang, Sumatera Selatan
☎ 0711.368.222/0811.783.9009
ウェブ riversideresta.luliner.ilkom.unsri.ac.id

特別企画 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

トップ インタビューNEW

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly