【スナンスナン】夜景とイタリアン 最上階のバルコニーで アルト 南ジャカルタ 

 南ジャカルタのクニンガンとスディルマン・セントラル・ビジネス地区(SCBD)の間に位置する比較的静かなマンパン地区にフォーシーズンホテルがある。その最上階にイタリア料理のレストラン・バー「アルト」が昨年末、オープンした。さぞや夜景が美しいだろうと、訪ねてみた。
          
 夜景がいいというレストランはいくらでもあるが、アルトのバーはバルコニーにあり、ガラス越しではない夜景が広がる。ダイニングエリアからも夜景が望める。店内は接待客が多いが、ロマンティックディナーを楽しむカップルやお祝いごとで来店する家族連れもいる。
 店内はとても華やか。ダイニングエリアは、イタリア料理でよく使われるトマトを思わせる真っ赤な壁やティラミスケーキのような焦げ茶色のカーテンなど、イタリアの雰囲気があふれるインテリア。バルコニーは開放感があり、喫煙もできる。他に、シガー用の喫煙室もある。
 同ホテル宣伝部マネジャーのルマン・アマンダさん(27)は「屋上バーのコンセプトが最近人気があり、イタリア料理はジャカルタではもともと人気がある。そこで、その二つのアイディアを生かそうと、夜景に癒やされながら本場のイタリア料理を味わえるレストランとしてオープンした」と話した。
 ディナーは間違いなく、豪華だ。しかも取材に訪れたときは偶然、ヘッドシェフのコースではなく、イタリア・トスカーナ州から訪問中のゲストシェフが提供する「バンフィ・ワインディナー」を味わうことができた。ルマンさんによると、ゲストシェフは不定期だが、日によっては普段と違うコースを味わえるという。
 特別コースは全部で6メニューあり、各メニューにはシェフのおすすめのワインが添えられる。まずは定番の食前酒とカプレーゼサラダ。魚料理はセロリとメロンソースを添えたスズキフライと濃厚なホタテリゾット。
 肉料理にはアスパラとピスタチオを添えてカボチャソースをかけたアヒル肉入りのラビオリと、マッシュルームとポテトを添え、ブルネッロワインソースで仕上げた子牛肉がある。コースの締めはデザートのバニラアイスとティラミスケーキ。
 食事の後、バルコニーのゆったりしたソファーでワインを飲みながら夜景を楽しむ。確かにぜいたく。料理はアラカルトでも頼めるが、特別コース(ワイングラス1杯付き)は140万ルピアからと値段も高い。とはいえ、たまには自分へのご褒美、あげたくなってきた。(アリョ・テジョ、写真も)

◇ALTO
住所 Four Seasons Hotel 20th Floor
Jl. Jend. Gatot Subroto 
Kav. 18, Jakarta
☎ 021.2277.1888
営業 バー 午後6時〜翌午前0時
レストラン 午後6時〜同11時

特別企画 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

トップ インタビューNEW

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly