【スナンスナン】こだわりのハンバーガー ネイバーフッドとコラボ THREE BUNS

 ブルドッグのキュートなマークが目印の南ジャカルタ・セノパティ通りにある「THREE BUNS(スリーバンズ)」。「こだわりのハンバーガー」で人気のこの店が日本のアパレルブランド「NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)」とコラボし、店内に小さなショップがオープンした。特別メニューも楽しめる。
 ネイバーフッドを立ち上げたデザイナーの滝沢伸介さんが南国風のデザインに興味があったことと、双方のデザインコンセプトの一つ「ビンテージ」が一致したことで、コラボが決まったという。店内のショップでは、ブルドッグのTシャツやエプロン、南国の花や葉をあしらったトロピカルなデザインのパンツ、帽子などがそろう。
 ブルドッグマークの由来について、スリーバンズ代表のミシェルさんは「犬は多くの人が親しみを持つ動物。同じようにハンバーガーも手軽に食べられ、なじみのある食べ物だけれど、もっと多くの人に楽しんでもらいたくて犬を選んだ。特にブルドッグはアイコニックでかわいいでしょ」。
 店内は天井が高く開放感があり、昼間は日差しが差し込んで明るくあたたかい雰囲気。2階にも席があり、掘りごたつのテーブルでくつろぐ家族やカップルに人気だ。夜はろうそくがともされ、ムーディーでおしゃれなカフェに変身する。
 スリーバンズでは料理に添加物などを一切使わない。メーンメニューのハンバーガーは10種類。パテやチーズ、卵などの追加もでき、パテの焼き加減なども細かく注文できる。サラダやアイスクリームなどサイドメニューも充実。アルコール類も豊富だ。
 パンは外はカリッと焼かれ、中はふんわり。肉はジューシー。日本人に人気の「FOUR FLOORS」(一つ12万5千ルピア)はシャキッとしたレタスとタマネギ、ピクルス入り。マヨネーズと味噌を使った甘めのソースが後をひくおいしさだ。
 10月5日まで、ネイバーフッドとコラボした特別メニュー「ネイバーフッド・バーガー」(一つ11万ルピア)が味わえる。メキシカンテイストが好きな滝沢さんが考案し、チーズやトマト、サワークリームをはさみ、スパイシーでサルサ風味のハンバーガーに仕上げた。同店ではテークアウト、デリバリーも受け付けている。
 シンガポールとジャカルタにしかない「スリーバンズ」。東京への出店も視野に入れているが、まだ時間がかかりそうだという。おしゃれなカフェでこだわりのハンバーガーをぜひジャカルタで楽しんで。(毛利春香、写真も)

THREE BUNS
住所 Jl. Senopati Raya No. 90 Kebayoran Baru, Jakarta Selatan
☎ 021・2930・7780
営業 午前11時〜翌午前0時

特別企画 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly