【スナンスナン】果汁100%でリフレッシュ さくらジュースバー イオンモールにインドネシア1号店

 イオンモールBSDシティーが開店してから2カ月がたち、専門店を含め約250店舗以上がオープンした。ファッション関係をはじめ、美容、スポーツ、家電製品、家具など、回りきれないほどの店がある。ショッピングの間には休憩も必要。リフレッシュにぴったりのお店を見つけた。

 同モールのグラウンドフロアで、果汁100%のジュースとかき氷を販売する「Sakura Juice Bar(さくらジュースバー)」。日本で飲食店を営むオーナーがインドネシア1号店として開業した。屋台風の店構えで、いわゆるスタンドなのだが、果物で飾られた柱が立っているのでよく目立つ。健康志向の人が増えているからか、果汁100%がウリのジュースは人気が高い。
 現在のメニューはパイナップル、スイカ、メロン、マンゴー、スターフルーツ、イチゴとグレープの7種類。一番人気はマンゴーとグレープだが、子ども向けにはスイカとメロンが多い。
 希望に応じて砂糖、牛乳、シロップなどを追加注文でき、スムージーのような感覚で飲みやすい。ナチュラルは当然だが、牛乳入りもおすすめという。ジュースは果物によって1杯1万5千〜4万5千ルピア。
 かき氷は日本とだいたい同じような作り方。富士山の形を基本に、柔らかいアイスの上に人気のマンゴーや日本から輸入した抹茶と小豆を乗せ、再びアイスと練乳をかけるのはさくらジュースバー流だ。ティラミスとマスカルポーネ(クリームチーズ)とブルーベリーなどもあり、4種類で一つ2万5千〜4万5千ルピア。
 フードコートで休憩を取りながらかき氷を食べたり、モール内をのんびり歩きながらジュースを飲んだりするのもいい。
 店長のアグラさんは、「この店は国内ではまだここしかないので、開業から反応が良い。これからも顧客の期待に応えるために、日本の雰囲気をキープしながら、デザートのような新メニューやジュースの種類を続々増やしていきたい」と話している。(アリョ・テジョ、写真も)

◇Sakura Juice Bar
住所 AEON Mall BSD City Ground Floor
    Jl. BSD Raya Utama, Tangerang
営業 午前10時〜午後10時

特別企画 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly