歩いて探す  レトロなカフェ

●20世紀初頭から営業
 オランダ植民地時代の1918年に創業したレストラン「メゾン・ボゲリジェン」は、23年に「ブラガ・プルマイ」と名前を変え、現在の場所に店を構えた。当時バンドンにあった数少ないレストランとして知られていた。建物は移転の際にそのまま移し、形を変えずに創業当時の姿が残る。王族や貴族がバンドンを訪れた際に使用するなど、由緒あるレストランだ。
 創業当初はアイスクリームやケーキ、チョコレートを使ったデザート類を提供するほか、オランダ料理を提供する店だったが、次第にピザやパスタ、肉料理などのほかに、インドネシア料理のメニューをそろえた。80年代までは店でパンを焼いて販売していた。
 現在はワインなどの酒類も多く、食事をしながらお酒を楽しむ人で夕方からにぎわいを見せる。テラス席と屋内に席があり、オランダ国旗をイメージした赤、青、白のテーブルクロスが目を引く。
 麺の製造をしているシェフのブディアワンさん(39)によると、地元のインドネシア人も多いほか、観光客も来てインドネシア料理を楽しむ。「欧米から来た人がナシゴレンを食べておいしいと言ってくれます。今はいろんな料理を楽しむ店になっている」
 店内には創業当時の写真も飾られている。「店の歴史を守っていくのはバンドン市民の役目。今度のアジア・アフリカ会議で忙しくなると思う」と話した。(西村百合恵、写真も)
◇ブラガ・プルマイ
住所 Jl. Braga No.58, Bandung
☎ 022.423.3778
営業 午前9時〜午後11時

特別企画 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly