【スナンスナン】 銭湯完備のアパートメント 自然に癒やされて ツリーパーク 西ジャワ州カラワン

 日本人向けに新設されたサービスアパートメント「ツリーパーク」が16日、西ジャワ州カラワン県にソフトオープンした。同日から入居がスタート。目と鼻の先にはスダナ・ゴルフ場があり、緑に囲まれたアパートとして話題を呼んでいる。

 ツリーパークは今月上旬から入居予約を開始。既にカラワン工業団地(KIIC)やスルヤチプタ工業団地など周辺の日系企業に勤める人を中心に7割の物件が埋まった。サウナやフィットネスルームを完備し、広々とした銭湯で汗を流すことができる。
 124部屋ある客室は、スーペリアルーム(39室)、簡易キッチン付きのデラックスルーム(82室)、キッチン、バルコニー付きのプレミアルーム(3室)の3タイプで全室バスタブ付き。滞在は1日から可能だという。
 100人以上いる従業員は日本語を勉強しており、ジェネラル・マネジャーの村松裕子さんは、「日本式のサービスを安心して受けることができます」と話す。
 グランドフロアにはコンビニ「Pi—Ma! ミニマーケット」と日本食レストラン「裕—Yu—」がある。レストランでは朝食ビュッフェからディナーまで、日本人料理長監修の料理を味わえる。
 客室はスーペリアルームから1泊59ドル、68ドル、73ドル。予約など詳細はウェブサイト(http://treeparkkarawang.com/)で確認できる。(西村百合恵、写真も)

特別企画 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly