求めるのはあくまで帰郷 強制移転のシーア派信者 マドゥラ島からシドアルジョへ

 東ジャワ州マドゥラ島サンパン県の体育館で避難生活を送っていたシーア派信者約160人を中央政府や州政府の「お墨付き」を得た形で、県が同州シドアルジョの州営住宅へ強制的に移転した。州が一家に1部屋を提供し、1日3食の食事も用意。子どもたちには無償で学校に通う便宜も図る。以前と比べると、より人間的な暮らしにも見える。だが、暮らしてきた故郷に戻りたいというささやかな自由が信者には認められず、帰還を求めている。(堀之内健史、写真も)

◇関連記事
「故郷の生活返して」 シーア派信者強制移転 排斥の「前例」危惧も(2013年06月24日)
シーア派難民を強制排除「治安維持」で内相容認  マドゥラ島サンパン県 (2013年06月21日)
「大統領に直訴する」 マドゥラ島のシーア派難民 自転車で850キロ (2013年06月18日)

写真グラフ の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly