汗と涙と笑いと愛と 縁日祭 ブースも手応え

 南ジャカルタ・ブロックMで13、14両日行われた第8回縁日祭。汗、涙、笑いが2日間にわたってステージや路上に広がり、温かい拍手から愛を感じた出演者も。祭りを彩った人たちの声を紹介する。
 2代目花魁(おいらん)を務めた会社員の矢嶋結美さん(28)は、ジャカルタ在住1年半で縁日祭に初参加。「花魁になることが挑戦だった。多くの人が協力して祭りができているので、とにかくなりきった」と話した。
 ポップステージにはアイドルグループの演歌女子ルピナス組がDJ1人を含む7人で初登場し、「恋桜」など代表曲3曲を披露した。メンバーの三波蓮さんは「(観客から)愛を感じました」と話した。
 吉本興業のすゑひろがりずは初の海外公演を、観客を巻き込んだパフォーマンスで盛り上げた。南條庄祐さん(34)と相方の三島達矢さん(34)が人気アニメ「ドラえもん」の歌などに合わせた芸を披露。南條さんは「笑いは世界共通だと感じた。次はドラえもんの歌を全部インドネシア語で歌いたい」と再び来イする意欲を語った。
 祭りのメーンスポンサーのJトラストは1月にブロックMに出張所を開いた。広めのブースを活用し、銀行口座開設などサービスについて紹介。田中庸介マネジングディレクターは「インドネシアの若い人に知ってもらう良い機会。多くの人が申し込みをしてくれた」と手応えを話した。(中島昭浩、平野慧、坂田優菜、大野航太郎)

写真グラフ の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly