来週から仕事再開

クナパくん 長い人だと10連休となった今年のレバラン(断食月明けの大祭)。来週からはまた仕事が再開するね。
記者 クナパくんは、お休みはどう過ごしたの?
クパナ君 もちろん、帰省(ムディック)。久しぶりに故郷にもどっていたよ。
記者 故郷はどうだった?
クナパくん 自分たち、野生動物の生息地が減少して、仲間たちの数も随分と少なくなっていて、さみしかったよ。
記者 自然林など自然環境の減少は、パルプ、パーム油などの生産のための伐採が大きく影響しているんだ。インドネシアでは、この30年間で自然林の55%にあたる1400万ヘクタールが消失したと言われているだ。
クナパくん パルプは紙の原料だね。
記者 日本は紙文化の国で、1人当たり年間消費量の世界平均57キロを大きく上回る209キロを消費しているんだ。日本のコピー用紙の5枚に1枚、家庭紙の24%はインドネシア産だよ。ここでもインドネシアと日本はつながっているね。
クナパくん 日本はすごく紙を消費しているんだね。
記者 学生の頃、講義をさぼっていて、試験前に友人のノートを良くコピーさせてもらったけど、コピーしただけで安心してしまい、勉強せずよく単位を落としたね。それはさておき、今は紙を生産する一方で、ユーカリやアカシアなどの植林事業にも力を入れているよ。
クナパくん 自分たちが住みやすい自然林とは違うけどね。
記者 500枚の束が10束入ったコピー用紙1箱を生産するために、アカシアの木が1本必要だ。アカシアが成木となるのに、だいたい6年かかるんだ。今は、こういった自然林を破壊していない森林に対して、FSCとかPEFCといった森林承認制度がある。この木をつかった「持続可能な紙」を積極的に生産しているんだ。
クナパくん 新聞もまだまだ紙媒体だね。
記者 多くの新聞は電子媒体にも力を入れているけど、紙媒体は安心感・信頼感があるよね。経営は大変だけど。もともと、新聞の紙は古紙で、再生紙を70~80%使っているんだ。
クナパくん それでも2割以上は新しいパルプを使うんだから、自分たちも重要な情報を提供して、日本とインドネシアの役に立たないといけないね。

不思議インドネシア の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly