日本のおもてなしとインドネシアの寛ぎ チカランで快適な住環境を  アクシアサウスチカラン

 日本を離れて外国のインドネシアで仕事をする、生活をおくる。言葉が通じないだけでも不便な環境ではストレスも重なる。生活基盤となる「住環境」だけでも便利であってほしいとは誰もが望むだろう。

 サービスアパートメント「アクシアサウスチカラン」は、行き届いたサービス、生活に便利なファシリティーを用意し、2014年9月の開業以来、「日本のおもてなしとインドネシアの寛ぎ」をコンセプトに、お客様が安心して暮らせる住環境を提供している。また、チカラン周辺の主要工業団地の中心に位置しており、通勤にも便利な好立地にある。ジャカルタ首都圏の西ジャワ州ブカシ県チカランは、インドネシア経済を動かす重要なエリアで工場も多い。近年は、日本人学校が開校したこともあり、チカランでの居住を選択する方も増えている。

 アクシアサウスチカランでは、今年3月に日本食スーパー、ワンプライスショップ、クリニックなどがある商業棟がオープンした。家族向けのタワー3も開業している。チカラン、カラワンエリアでの勤務を予定されている方や、ご家族での赴任を予定されている方はおすすめのサービスアパートメントだ。

 サービス、共用施設、テナントすべてが充実しているサービスアパートメントは、ジャカルタ首都圏でも群を抜いている。週末は、どこに行かずとも、アクシア内で十分過ごせるファシリティーを備えている。

 24時間の日本語対応は、言語に不安のある方や緊急の用事には、大変助かる。お部屋の清掃やタオル・リネン交換、朝食サービスやランドリーサービスもある。
 共用施設には、和の趣のある大浴場、フィットネスジム、プール(屋内・屋外)、テニスコートのほか、お子様向けに屋外プレイグラウンド、室内キッズルーム、室内プールなどがある。テナントには、ジャカルタ首都圏で最大規模の日本食材スーパー「パパイヤフレッシュギャラリー」や、飲食店として和食とイタリアンとカフェがあり、日系クリニックや日系ヘアサロン、銀行もある充実のラインナップだ。

 アクシアの部屋数は、タワー1とタワー2で全405室。家族向けのタワー3を加えれば全557室。
 タワー1の高層階からのパノラマビューが胸を躍らせるハイグレードでゆとりあるプレミア・スイート(81平米)、タワー2各階のコーナーにあり、キッチン・洗濯機を完備したコーナー・コンフォート(36平米)、家族向けのタワー3では、広いキッチンや日本式バスタブが魅力のIタイプ(100平米以上)、ご夫婦や、お子様が小さいご家庭向けのJタイプ(50平米)など、タワー1から3まで計16タイプ(25~100平米以上)の部屋を揃えている。

 また、新型コロナ対策の目的を、お客様とスタッフの安全第一、適正な情報開示、運営の継続と定めており、至近の病院と提携したメディカルサポートを提供している。
 新型コロナ禍となる以前よりも、生活には、万全の注意が必要となる。海外で安全かつ快適な暮らしをおくるには、最適な住環境を検討することが大切だ。


お問い合わせ、モデルルーム見学のお申し込みは、メール reservation@ttlr.co.id  まで

アクシアサウスチカランの共用施設
大浴場(半露天風呂・サウナ・水風呂あり)、フィットネスジム・スタジオ、屋外プール、屋内25Mプール、キッズプール、ビジネスラウンジ、ミーティングルーム、ジョギングコース、バーベキューコーナー、テニスコート、プレイグラウンド・子ども用遊具、屋内キッズルーム

テナント
日本料理「紫音」、イタリア料理「Ristorante Otto」、ヘアサロン「nobu hair and more」、シミュレーションゴルフ、日本食スーパー「パパイヤフレッシュギャラリー」、共愛メディカルサービス、カフェ「O'Matcha」、マッサージ&スパ「Kirana Spa」、ダイソー、小麦ベーカリー、語学学校「Berlitz」、日系銀行(近日開業予定)


アクシアサウスチカラン
TEL +62-21-2808-5001
ホームページ https://www.ttc-residences.com

記事広告 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly