雇用貢献 1.5倍に イ経済への貢献度調査

 ジャカルタ・ジャパンクラブ(JJC)は26日、定例の9月度理事会を開き、日系企業によるインドネシア経済への貢献度調査の結果を発表した。日系企業の努力をインドネシア政府などに、適正に評価してもらう目的がある。
 調査結果は日系企業へのアンケート(7月実施・回答社数230社)や、経済協力開発機構(OECD)のデータをもとに作成された。日系企業に関係する雇用数は2016年時点で470万人だったが、18年時点で約1・5倍の720万人まで伸びている。フォーマルセクターの12・9%が日系企業に勤務しているという。
 インドネシアへの外国直接投資(FDI)額で、日本は10年間の合計が425億ドルで、シンガポールに次いで2位。18年時点で日系企業による年間合計輸出額は440億ドルと推定される。16年の18・1%から24・4%まで輸出貢献度を高めた。
 日系企業がインドネシアにもたらした経済的価値は国内総生産(GDP)を基準とすると、18年時点で全体の8・5%に相当する859億ドル。16年の6・1%(525億ドル)から向上した。
 16年時点で日系企業が事業参画する、電力開発プロジェクトの総発電量は1万2100メガワット(MW)だったが、19年7月時点で1万7千MWまで増えた。政府が目標に掲げる、3万5千MWの新規発電能力創出計画の約5割に相当する規模。電力開発に大きく貢献していることを確認した。
 技術移転に関しては18年には、25万人以上のインドネシア人従業員が日系企業の技術的な研修に参加。また、年間で約9300人の職業訓練高校(SMK)の学生が日系企業で研修・職業体験したという。
 理事会では政府に対する政策提言も審議した。JJCではジョコウィ政権の二期目の発足を控え、5月に投資環境改善を見すえた「政策提言委員会」設置を決定。新政権との対話の雰囲気を高め、ビジネス環境向上を図るべく、提言の内容の検討を繰り返してきた。(平野慧、本間太郎)

JJC理事会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly