世界一熱狂的な声援

クナパくん 先日、バドミントンの大きな国際大会がジャカルタで開かれたね。
記者 世界バドミントン連盟(BWF)ワールドツアーの大会、インドネシアオープンだね。東京五輪の出場枠を争う約1年間の「オリンピックレース」が始まって以来、初の格上大会だったため注目が増したよ。
クナパくん インドネシアの声援は熱狂的と聞いた。
記者 数十年にわたって世界中のバドミントンの大会を取材しているカメラマンは、これだけ大きな歓声が響くのはインドネシアだけ、と言うよ。日本代表の朴柱奉監督も「インドネシアの熱狂的な応援環境に日本選手は慣れていない」と話していた。記者も子どもの時からバドミントンの大会を見てきたけれど、地響きのような大きな歓声が響くのはインドネシアの特徴だと思うな。
クナパくん どんな応援?
記者 ラリー中は、応援する選手が攻めの一球を打った時に「エヤー!」、敵側がレシーブなど返しの一球を打った時には「ウー」の声が響く。太鼓や笛などを鳴らしながら「インドネシア!」のコールが響くよ。水のガロンボトルを太鼓にしているサポーターもいたな。国旗メラプティをイメージした衣装や、伝統衣装を着た派手なサポーターの姿も目立った。
クナパくん たくさんの人が競技に高い関心、誇りを持っているよね。
記者 国技と言われているね。インドネシアには「伝説」と呼ばれる名選手が多くいる。
クナパくん どんな選手?
記者 まず、男子シングルスのルディ・ハルトノさんだ。ルディさんは、68年、18歳の時に国際大会で最も歴史ある全英オープンに初出場し初優勝。その後、76年までに7連覇を含む計8回優勝したんだ。この記録は誰も破っていない。
クナパくん すごいね。
記者 ほかにはバルセロナ五輪でインドネシアに初の金メダルをもたらした女子シングルスのスシ・スサンティさん。全英オープンも4回制覇したよ。アテネ五輪で金、世界選手権でも金、アジア大会でも金を獲得したタウフィック・ヒダヤットさん。インドネシアのバドミントン発展に大きく寄与したディック・スディルマンさんは、その功績から2年に1度開催する国際大会「スディルマンカップ」が創設されたよ。(上村夏美)

不思議インドネシア の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly