コスプレ大会、どう競う?

クナパくん 6月にコスプレ世界大会への出場者を決める「インドネシア・コスプレ・グランプリ(ICGP)」が行われたね。インドネシア代表は昨年は何位だったの?
記者 2位だったよ! 優勝はメキシコ代表で、3位はタイ代表だった。
クナパくん すごいね! 何カ国が、どんな形で競ったのだろう? 
記者 昨年は36カ国が参加。自作のコスプレ衣装を着て、持ち時間2分30秒で、スクリーンを背景にアニメやゲームの世界観を表現する芝居などをしたよ。それぞれのこだわりや作品への愛があり、大変見ごたえがある。
クナパくん すごいね。審査するのは大変そうだ。どんなところを見るのだろう。
記者 ICGPで審査員を務めたコスプレーヤー、Hikariさんに話を聞いたよ。審査箇所の具体例としては、ます作品の再現の忠実度、コスプレの衣装や道具が作品に登場するものにどこまで近づけているか、だね。
クナパくん ふむふむ。
記者 次にパフォーマンスの質。スクリーンや道具を使ったパフォーマンスそれ自体への評価だね。
クナパくん なるほど。
記者 さらに、小道具を実際に間近で見て、細部の作り込みや、「振っても壊れないか」といった頑丈さのチェックが入るという。
クナパくん しっかり審査するんだね。
記者 そうだね。他国のコスプレも見てきたHikariさんは、インドネシア人出場者の特徴として、鎧や武器、小道具の作り込みが素晴らしいと舌を巻いていたよ。
クナパくん 確かに。優勝組の鎧もカッコイイね。
記者 うん。過去に世界大会で成果を出した組の良い点がしっかり研究、継承されている。
クナパくん ことしの世界大会も楽しみだね。いつ?
記者 7月27日~8月4日に名古屋市で行われる、世界コスプレサミット(WCS)の中で開かれるよ。大会だけじゃなく、街を練り歩くコスプレパレードもあるんだ。
クナパくん 楽しみだね!(大野航太郎、写真も)

不思議インドネシア の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly