【村を翔たオバマの母(4)】芸術家族との交流 子育ても異文化理解

 2008年に大ヒットした映画「ラスカル・プランギ」(邦題「虹の戦士たち」)の小学校校長役で出演したインドネシアの実力派俳優、イクラナガラ(73)。日本でも上映され話題になった。妻は、米国人のケイ・イクラナガラ(73)。カリフォルニア大バークレー校で学士、修士課程を修了した。ジャカルタにある米イ教育交換機関に勤めていた時に、ガジャマダ大の医学部生でありながら演劇の道を突き進んでいたイクラナガラと恋に落ち、1970年に結婚、新婚生活を始めた。

■似た境遇の友人
 息子のバラク・オバマとともにジャカルタに移り住んだアン・ダナムは長女マイヤを出産後、英語教師をしていた。その職場でケイと出会う。ケイも長男を出産したばかりで年齢はほぼ同じ、米国出身、夫はインドネシア人、関心は文化人類学――共通点が多い2人はすぐに意気投合する。
 アンの当時の知り合いといえば英語教室の受講生ぐらい。夫のロロは石油業界の米国人上流階級との付き合いを深めようとし、アンは反発していた。
 文壇の巨匠レンドラなどと親交があったイクラナガラとアジアやアフリカでの教育研修など多様な経験を持つケイ。この夫妻と出会ったアンは、インドネシアの知識人や芸術家など未知の世界の人々に触れる。研究と仕事との兼ね合いで手工芸品、バティック(ジャワ更紗)など織物の収集家でもあったアンは、インドネシア・カルチャーへの造詣を深めていった。
 70年代半ば、ケイもアンも学業の節目にハワイからジャカルタに戻ると、子どもらを米国人運営のプレスクールに通わせる。ここでは異文化教育を重んじ、同い年だったケイの長男とアンの娘マイヤはインドネシア語と英語を学び、バリダンスも体験した。

■オバマとの再会
 イクラナガラ夫妻はオバマ少年とはあまり接したことがなかったが、そんな夫妻にそれぞれ、上院議員になっていたオバマと再会する機会が訪れる。
 06年、米政府主催の若者リーダー招へいプログラムで、インドネシアの生徒約20人をイクラナガラが引率した。ワシントンで出迎えたのはネクタイにスーツ姿のオバマ。引率者が昔よしみの人物と分かると興奮し、イクラナガラの手を持ったまま「知り合いのバパッ(おじさん)が来た」と関係者に紹介して回った。
 米国際開発庁(USAID)と関わることが多かったケイは05年、同庁幹部のオバマ表敬訪問に同行し、再会した。思い出話をすると、オバマは懐かしんで微笑んだ。その頬元がアンとそっくりなのが印象的だった。(ライター・前山つよし、敬称略、つづく)

おすすめ過去記事 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly