平和を祈る テロ警戒下のXマス

 クリスマスを迎えたインドネシアでは、イブの24日と25日、キリスト教徒が教会を訪れ、祈りをささげた。邦人社会でもジャカルタ日本語キリスト教会(JJCF)がクリスマスランチパーティーを開き、クリスマスへの理解を深め祝った。各地の教会でテロ警戒の厳重警備が敷かれる中、平穏なクリスマスとなった。

 中央ジャカルタのカテドラル(大聖堂)では25日、約120人の国軍兵士や警官らが警備する中、1日5回のミサが開かれた。
 北スラウェシ州マナドではイブの24日、ろうそくを手にした人々が墓地に集まった。家族で先祖の墓を訪れ、ろうそくの灯をともして祈ることが伝統の一つだという。
 また各地のショッピングモールではクリスマスツリーなどが飾られ、イベントも開催。西ジャカルタのモール「セントラル・パーク」の敷地内には高さ38メートルのツリーが飾られ、買い物客を楽しませた。

■日本語教会には130人

 JJCFは24日、南ジャカルタのホテル・クリスタルでクリスマスランチパーティーを開き、日本人を中心に約130人が参加した。
 JJCF有志とサザンクロス混声合唱団が聖歌や讃美歌などを披露。またキリストの教えがストーリーの背景にある絵本「靴屋のマルチン」の映画鑑賞を通し、思いやりの大事さを学んだ。
 参加者は「素敵な歌が聴けた」、「クリスマスの意味を考える良い機会になった」などと感想を話しながら、会場を後にした。
 同教会の田井真聡牧師(39)は「クリスマスの喜びを1人でも多くの人に知ってもらいたい。信徒であるかどうかは関係なく、さまざまなお話をすることができるのがJJCFなので気軽に来てほしい」と話した。(平野慧、毛利春香)

写真グラフ の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly