血と汗の闘い 暗がりの違法闘鶏

 跳び蹴り、かみ付き、踏みつけ……何でもありの違法の闘いが毎週末、東ジャカルタの伝統市場の薄暗い一角で繰り広げられている。男たちが金を託し、大声で叫ぶ先で血を流すのは2羽の軍鶏(しゃも)だ。
 軍鶏は約2メートル四方に囲われた闘技場で闘う。その回りには金を賭けた男約50人が群がり「行け! やれ! そこだ!」と叫ぶ。片方が力尽きると歓喜と無念の声が入り乱れる。午後1時から同7時ごろまで延々と闘いが続き、1勝負ごとに熱さが増す。少しでも前で見ようとするから、観客は汗だらけだ。
 観客は胴元に場所代として1試合2万ルピア、1日全ての試合に参加するなら10万ルピアを払う。
 インドネシアでは賭博はご法度。例外的に闘鶏が認められているのはバリ島で行われる儀式だけ。ここでは堂々と行われているが、市場管理者によると、「見回りに来た警察官にガソリン代として3万ルピアそこそこ渡せば、見逃してもらえる」という。
 最近は取り締まりも厳しくなり、参加者の1人は「ここもいつまでもつだろうか」と話した。(堀之内健史、写真も)

写真グラフ の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly