聖なる月を迎えた街の素顔

 2億人が一斉に断食をする―。世界最大のムスリム人口を抱えるインドネシアは断食だって世界一だ。先月末からのラマダン(断食月)入りから1週間が過ぎ、ジャカルタの街の風景にもラマダンの雰囲気が漂い、モスクから聞こえるアザーン(礼拝の呼びかけ)の音が大きくなるのが分かる。今年の聖なる月は大統領選挙、サッカーワールドカップなど大型イベントと重なり、さらに人々を忙しくしている。写真でインドネシアのラマダンを活写した。(吉田拓史)

写真グラフ の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly