【写真グラフ】「豪州と国交断絶せよ」 通信傍受疑惑に抗議

 イスラム強硬派団体のイスラム擁護戦線(FPI)とヒズブット・タフリル(HTI)、右翼団体のコマンド・プジュアン・メラ・プティ(KPMP)のメンバー約千人は22日、南ジャカルタ・クニンガンの豪州大使館前で、同国のインドネシアへの通信傍受疑惑に抗議した。
 参加者は豪州が「独立国家、インドネシアの主権を侵した」と批判し、大使館にトマトや卵を投げた。ユドヨノ大統領には「豪州とは国交断絶せよ」と求めた。FPIメンバーの一部は投石したり機動隊員ともみ合いになる場面もあった。
 デモで道路の半分は封鎖。周辺に渋滞を起こした。(堀之内健史、写真も)

写真グラフ の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly