帰りなん、ふるさとへ タナアバン露天商移転

 パンジャルさん(45)はトラックの荷台の縁に身を持たれかけて放心していた。その後ろで兄のナカディさん(50)が黙々と荷物を荷台に運び込んでいく。
 ジャカルタ特別州が中央ジャカルタ・タナアバンの露天商の強制撤去を始めて2日目。同日までに大方が撤去された。
 パンジャルさんが州営市場ブロックG裏の道路脇でワルン(屋台)を始めたのが1990年。西ジャワ州インドラマユ県から移り住んだ。同県はジャカルタへの流入者が多いことで知られる。ワルンは住宅と兼用で家族で寝食を共にした。ブロックGの商店主らが通う店だったという。
 レバラン(断食月明け大祭)で帰省していたが、11日に近所の友人から連絡があり、兄のピックアップトラックで引き返してきた。ワルンは州警備隊らが同日、強制撤去。がれきの山の前で呆然とした。
 州は立ち退き場所に木々を植え、公園にする計画だ。「公園にするなら、わざわざ住人を撤去しなくてもいいのに」と夫人のスミヤティさん(46)は悔しさを隠さない。
 23年間続いたワルンはなくなり、残った家財道具もろとも、故郷に引き返すことにした。「兄の土地の一部を譲ってもらい、農業をする」とパンジャルさん。まだ10歳の娘のためにも働かなくてはいけない。 (吉田拓史、写真も)

◇関連記事
【変わるタナアバン】(下)山羊売りから王様へ(2013年09月07日)
【変わるタナアバン】(中) 再開発、目覚める (2013年09月06日)
【変わるタナアバン】(上) 元露天商、路上への郷愁も(2013年09月05日)
「露天商の総本山」落城か 撤去、移転以外の選択なし タナアバン(2013年08月15日)
帰りなん、ふるさとへ タナアバン露天商移転(2013年08月13日)
路上の味、忘れがたし  州の揺さぶりに抵抗続く タナアバンの露天商撤去(2013年07月31日)
【ジャカルタ・フォーカス】公と路上のルールぶつかる タナアバンの露店撤去(2013年07月26日)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

トップ インタビューNEW

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly