細野、王座奪取ならず

 世界ボクシング協会(WBA)世界フェザー級タイトルマッチが4月14日深夜、中央ジャカルタ区スナヤンの室内テニス場であり、同級6位の細野悟(29)=大橋=が同級スーパー王者のヨハネス・クリスティアン・ジョン(通称クリスジョン)=インドネシア=に挑戦した。3回にバッティングでクリスが出血。負傷引き分けとなり、細野の王座奪取はならなかった。クリスの防衛は18度目。熱戦の様子を写真で紹介する。(道下健弘)

写真グラフ の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly