【性同一性障害を歩む】 サヨナラ、私の孤独

 心と体の性別が一致しない性同一性障害者「トランスジェンダー」。葛藤しながらも、自分なりの生き方を追い求める姿をカメラで追った。

 アレクシス・スーサン・パリマさん(20)が顔にパウダーを幾重にも塗っていく。あっという間に褐色だった肌が真っ白になった。鏡で何度も化粧を確かめ、最後にピンクの口紅を塗った。「生まれたときから、心は女の子だった」
 ホルモン注射を繰り返した胸は膨らみ、腰も女性らしく丸みを帯びる。背中が大きく開いた服に腕を通すと、つやっぽい大人の女性だ。さきほどまでのあどけなさはもうなかった。
 デポックの高齢者施設には普段から、幅広い年齢層が集まる。ケーキ作りを習いに来る高齢者から、売春の最中トラブルに遭い、泣きついてくる若者。年代は違えど共通するのは皆、体は男性だが、心は女性ということ。
 「Sayonara, sayonara〜」。施設に集まったトランスジェンダーたちはカメラの前でインドネシアの童謡「サヨナラ」を歌っていた。ユユン・マリニさん(64)は「たくさんの友人がそばにいる。寂しさとはおさらばよ」と笑っていた。(上松亮介、写真も)

◇関連記事
【性同一性障害を歩む】(上) これが私の生きる道 居場所探し、日つなぐ (2013年03月20日)
【性同一性障害を歩む】(下) ある活動家の挑戦 イ政府、高齢者施設を支援へ (2013年03月21日)

写真グラフ の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly