人生の選択

 「どのような人生を目指したらよいのか、悩んでいます。幸せになりたいです。道標になるようなアドバイスをお願いします」
 一度きりの人生です。特に、昨今のように目に映るものが急速に移ろい、価値観も多様化した時代では、選択に悩みますよね。
 信頼できる大人、人生の成功者のアドバイスに耳を傾けることは大切ですが、人生の選択は最後は他人のアドバイスに流されず、自分自身で決めることです。
 人はそれぞれが素晴らしい存在であり、素晴らしい才能・能力を持っています。それをどのように使うかは、自分で選択できる自由があり、たとえ親であっても、それを子供から奪う権利はありません。
 それだけに自分の才能・能力を知ることが良い選択をする前提になります。そして、人は自分の選択に責任を持ち、たとえ困難にぶつかっても乗り超えていこうとするものです。でも、他人に決められてしまった人生は、何か問題が起きた時に後悔が残り、それが原因で自分を責め、相手を責め、乗り越えることは難しくなります。
 人生とは「自由と責任」を理解し、自分で選択することです。他人に選んでもらっている限り、責任が自分にあるとは思えない、つまり、大人になりにくいのです。自分で行動選択していく覚悟を持つことが人生の選択の第一歩です。
 本稿では、米国の著名な精神科医であるウィリアム・グラッサー博士が提唱する「選択理論」を基に、私がカウンセリング現場で活用している「人生の方程式」をご紹介します。
 「自分の能力・才能×選択=人生」。仕事は自分で選択しましょう。能力・才能は、自分の好きなことの中にあります。
 「言われた言葉×選択=人生」。「他人に言われたことは、本当にそうなのか?」と自分の頭でしっかり考えてみましょう。言われたことをそうなのだと決定しているのは、他でもない自分自身です。
 「運命×選択=人生」。どんな時、どんな環境で、何が起きても、あなたの人生は選択次第です。私たちはいつからでも、何処からでも、どんな時にも再選択できます。自由に選択するとは、何と素晴らしいことではありませんか。(コミュニケーション専門カウンセラー 高﨑美佳)≪連絡先≫カウンセリングルーム「ミカモーレ」(fc.mikamour@gmail.com)

今日は心の日曜日 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

「探訪」

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly