もっと市民の意見を 建築団体 新首都のイスタナ建設

 ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は15日、東カリマンタン州への新首都移転計画で、建築分野の専門家らを集めた会議に出席した。同席したスハルソ・モノアルファ国家開発企画相によると、大統領は新首都に新設するイスタナ(大統領宮殿)のデザインなどに関し、参加した建築団体から「もっと市民の声を取り込むべき」などの意見を受けた。地元メディアが報じた。
 会議に先立ち、スハルソ氏は12日、同州でイスタナ建設予定地など現地を視察。「このラマダン(断食月)中に新首都で起工式ができることが願いだ」と述べた。スハルソ氏は3月、「2024年までに首都移転を実施する」としている。
 移転計画の実施には法案の国会(DPR)成立が必要だが、スハルソ氏は、大統領が立法化に向けて国会審議の迅速化を図る書簡を発布する可能性を示唆した。

あらまあらま の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly