タイルに込める温かみ 夫と工房を切り盛り

 「手作りなので、線が微妙にずれたりとか、色合いもそれぞれ違う。表情があって、取り付けた時に『人間的な温かみ』が出るんです」。そう語る小林英恵さんの手には、一枚のセメントタイル。ジャワ人の夫と、ジョクジャカルタ特別州で工房を切り盛りしている。

 家具や民芸品などを作る工房が点在する、ジョグジャカルタの郊外の一角。緑豊かな森に囲まれて、ひっそりたたずむジョグロ(古民家)が、小林さんの工房だ。
 東京藝術大学で伝統音楽「ガムラン」を学んできた小林さん。1996年、初めて訪れたジョクジャカルタで本場のガムランに触れ、その魅力に一層引き込まれた。「まるで宇宙に投げ出されたような衝撃だった。その時、将来絶対ここに住むぞって思ったんです」。
 卒業後、中部ジャワ州ソロのインドネシア国立芸術大学(現・インドネシア芸術大学)に留学。そこで夫と出会い、2009年に結婚。セメントタイルの工房を思いついたのも夫だった。
 当時、すでに大量生産ができるセラミックタイルに押され、職人や機材を探すにも一苦労。工房を開いた当初は、ヴィラなどの工事現場へ出来上がったタイルを持ち込んだが、売れない日々が何カ月も続いた。
 その後、インターネットで徐々に注文が入るようになり、ようやく道が開けてきた。
 「夫は芸術家体質なので、ものを作りたいって言う気持ちはあるけれど、事務関係は全くだめなんですね。だから、私が全部やっています」と小林さんは笑う。しかし、職人とのやりとりなどは、ジャワの文化や仕事感覚を知る夫の存在が大きかった。「夫はとにかく寛容。工房を今日までやってこられたのも夫のおかげです」。
 「初めて来た時、こちらではみんな何かに縛られないで、自然に生きてるなって思ったんです。それがジャワに惹かれた理由ですね」。森の木々がざわめくジョクジャカルタの片田舎で、2人は自然体のまま、歳月を重ねていく。

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~ の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly