初日に8社を閉鎖 ジャカルタPSBB厳格化

 ジャカルタ特別州で新型コロナウイルス対策「大規模社会的制限(PSBB)」が再強化された14日、州政府は企業64社を調査し、制限違反や感染者の発見で8社のオフィスを閉鎖した。うち3社が「制限・保健プロトコル違反」で、5社が「感染者の発見」だった。15日、地元メディアが報じた。
 PSBBの厳格化で特定11分野以外の企業は、オフィスに勤務する人数を「定員の25%まで」に制限することが義務付けられた。
 違反した場合は罰金が課され、違反回数に応じ増額される。感染者が見つかった場合は、最短3日間のオフィス閉鎖と消毒が強制される。
 州政府当局は15日、ジャカルタの企業数に対して監視チームの職員数が不足しているとし、軍や警察との連携を強めていく方針を示した。また違反企業の社員からの報告も受け付けるため、インターネットに窓口を設けている。





社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly