4000億ルピアを国会提案 本庁舎再建費 最高検察庁火災

 検察庁のスティア・ウントゥン・アリディアディ副検事総長が14日、2021年度の予算案に、8月下旬に火事で焼失した最高検察庁の本庁舎(南ジャカルタ・クバヨランバル)の再建費用として、4千億ルピアの追加を国会に提案した。地元メディアが報じた。
 本庁舎の火災は8月22日夜に発生。消防車60台が出動したが、本庁舎は全焼した。出火原因は明らかになっていない。一方、行政監視機関オンブズマンは、本庁舎の消防設備が十分に整備されていなかった可能性を指摘している。

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly