感染防護具に活路 文具製造キングジム・インドネシア

 「目から鱗だった」。新型コロナウイルスの感染が全国で広がる4月、文具製造キングジム・インドネシア(1996年設立)の東ジャワ州パスルアン工場で、社長の小林真司さんは個人防護具「フェイスシールド」の生.....

総文字数 :822文字 残り722文字

この記事は有料記事です。有料会員の方はログインしてください。

ログインID:
パスワード:

デジタル版のお申込みはこちらから。

コロナ時代に立つ の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly