JJS近くの幸せカフェ ハピネス・キッチン・アンド・コーヒー

 「ハピネス・キッチン・アンド・コーヒー」は、ジャカルタ日本人学校(JJS)から車で約10分。
 店内は白タイルを基調とし、ソファーやテーブルはビンテージ風でまとめられている。所々にあるパステルカラーのインテリアがアクセントとして際立つ。柔らかい陽光が差し込み、ボサノバが流れる心地良い空間だ。
 ストロベリー・ワッフルとカプチーノのセット(3万ルピア)は、バターの塩味が効いた温かいワッフルに、冷たいバニラアイスとイチゴジャムが絶妙にマッチ。
 サングリア(3万8千ルピア)はノンアルコールで、オレンジジュースをベースに、微炭酸のキレが爽やか。洋ナシ、イチゴ、レモンなどが色どりを添える。
 がっつり食べたい人には、丼物(3万4千ルピア~)、スパゲティ(3万6千ルピア~)、ハンバーガー(4万8千ルピア~)などもある。誕生日の子ども向けには「キッズ・ミール(8万ルピア)」も予約できる。

◇Happiness Kitchen & Coffee
住所 Blok JC1/2, Jl. Maleo Raya No.2, Pd. Aren, Kota Tangerang Selatan, Banten
☎  021・2221・5849
営業 午前8時~午後11時半

■ハイライトを上げてみる カフェ撮りのコツ
◇斜め45度か、真上から

 まずはできるだけ窓際の席で写真を撮ること。外から入る自然光は、店内の蛍光灯やストロボの光に比べて柔らかく、写真全体がフラットで明るい印象になる。
 インスタグラムなどで写真を補正するときは、ハイライトを思い切り持ち上げてみよう。多少の白飛びは気にせず、思い切り上げてしまうのがポイント。不思議とあか抜けた印象になる。
 料理や飲み物をおいしそうに写したいときは、斜め上45度からカメラを構えると良い(例=サングリアの写真)。画面全体に立体感や奥行きが加わり、臨場感が出る。
 おしゃれに写したいときは、真上から俯瞰するように撮るのがおすすめだ(例=ワッフルの写真)。無理に全体を写すとスペースが間延びして、こぢんまりとした写真になるので注意。思い切って食器の端などは切ってみると、構図にメリハリが生まれる。
 これらのコツを押さえれば、スマートフォンでもおしゃれな写真が撮れる。ぜひ、お試しください。(高地伸幸、写真も)

スナン・スナン の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly