都会の喧騒を離れて ラ・ビュー スカイライン一望

 延々と続く渋滞、けたたましく響くクラクション、ひっきりなしに鳴る携帯電話──。エネルギーあふれるジャカルタでの生活は、刺激的だが、知らないうちに疲れをため込んでしまうことがある。そんな時は、ジャカルタのスカイラインを一望できるルーフトップバー「ラ・ビュー」がおすすめ。都会の喧騒から一歩離れて、しばしの休息を取った。           

 ラ・ビューがあるのは、1920年代のオランダ統治時代に植民地政府の電信電話局として建てられた建物を改装したホテル、「ザ・エルミタージュ」の屋上。ホテルのフロントで店名を伝えると、コロニアル調のロビーを抜け、同店に上がるエレベーターまで案内してもらえる。
 エレベーターを9階で降り、プールサイド奥の階段から屋上に上がる。周囲に高層ビルは無く、景色を360度見渡すことができる。ジャカルタの飲食店にありがちな大音量のライブ演奏やクラブミュージックもなく、しっとりと流れるジャズが適度に会話を盛り上げてくれる。
 中央ジャカルタのスディルマン通りを遠望する、西南向きのカウンター席に腰かけた。国営ヌガラ・インドネシア銀行(BNI)の本社ビルや、ムナラ・アストラといった同地区の高層ビル群を眺めながら、飲み物と軽食をオーダー。夕日が落ちるのを待つことにした。
 同店オリジナルのカクテル「インフィニティ・ターコイズ」(15万ルピア)が運ばれてくると、そよ風に乗って、パイナップルの甘い香りが鼻をくすぐった。透き通るようなエメラルドグリーンの一杯は、目でも楽しめる。トロピカルな風味を、ウォッカの苦味とライムジュースの酸味がまとめ上げる。
 軽食はウエイターおすすめの「シーフード・スキュワーズ」(12万5千ルピア)をオーダー。サーモン、ホタテ、エビなどの魚介類をレモングラスで刺した串焼きで、刻みトマトとグレープフルーツを和えた特製チリソースの風味が面白い。
 その他のメニューでは、パスタやピザといった西洋料理のほか、ナシゴレンやガドガドなどのインドネシア料理も取りそろえる。3、4人でシェアできる料理やワインもあり、少人数でパーティーなどをするのにも重宝しそうだ。(高地伸幸、写真も)

◇La Vue Rooftop Bar
住所 The Hermitage, a Tribute Portfolio Hotel, Jl. Cilacap Menteng Jakarta,
☎  021・3192・6888
営業 営業 月~木曜 午前10時~午後11時 金~日曜 午前10時~翌午前12時半

スナン・スナン の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly