スマホ消失

 「なんか、日本の夏祭りの夜みたいやね」。夜店に灯りがともり、提灯が揺れる。南ジャカルタ・ブロックMを渡る夜風が、心なしか涼やかに感じられた。風に乗って祭りばやしが聞こえてくる。6月22日、文化交流イベント「縁日祭」の夜。ビールを軽くひっかけ、オタクグッズの店などを冷やかし、写真を撮りながら、そぞろ歩きしていた。
 うぬ? 腰が軽い。見ると、ベルトに付けたスマホポーチから、iPhoneが消えている。周辺を捜したが、見つからない。
 すられたか。恥ずかしすぎる……というのは、縁日祭取材に行く同僚に「入場料を取らないイベントなので、スリもたくさん紛れ込んでいるそうだ」などと、注意を呼び掛けていたのは、当の私だからだ。
 大急ぎで自宅コスに戻り、パソコンを使って盗難モードを起動した。ブロックMの区域内でiPhoneを探知、付近を同僚の高地伸幸記者と大野航太郎記者が捜してくれたが、見つからなかった。
 インドネシアで携帯電話をすられたのは2回目。1回目は共同通信の特派員をしていた2000年ごろに、闘争民主党の集会を取材していてやられた。やはり、群衆にもまれながら写真撮影をしていた際に、腰のポーチから盗まれた。
 じゃかるた新聞に来た昨年7月以降は、雇い兵向けブランドのポーチを使っていた。ナイフなどでは容易に切れない素材で、開けようと引っ張ると、面ファスナーから大きな音がする仕様だ。さらに、人混みではポーチごとバッグに入れるよう心掛けていたが、あのときは忘れていた。ポーチの頑丈さを過信していた。焼きが回った。
 新しいスマホを買いに行く時間がなく、3日ほどスマホなしで過ごした。
 スマホとひも付けされているアプリが全滅。パソコンで使おうにも携帯電話認証でストップした。
 ワッツアップが使えず、編集部に出稿予定も上げられず、取材先との情報交換もできない。ラインで日本の友人や家族と話ができない。もちろん電話もできない。
 官庁での取材を終えて、業務車の運転手を呼ぼうにも、連絡手段がない。かつては「カーコール」というスピーカーで運転手を呼ぶシステムがどこにでもあったが、今はまれだ。
 ゴジェックに乗れない。ゴーフードの出前を呼べない。ゴーペイで電気料金が払えない。オフォでパンも買えない。
 親しい人とは、パソコンのメッセンジャーやツイッターDMでチャットできるが、デスクに向かってでは、まったり感が足りない。
 スマホ先進国インドネシアの生活は、スマホがないと始まらない。(編集委員・米元文秋、写真も、ツイッター@yonejpn)

ぷらんぷらん の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly