一流バド選手が集結 インドネシアOP 来月16日に開幕

 世界トップレベル選手たちが参戦するバドミントンの国際大会「ブリブリ・インドネシア・オープン2019」が7月16~21日、中央ジャカルタ区スナヤンの室内競技場イストラ・スナヤンで開催される。ことしは、5月から始まった1年間の東京五輪の出場枠を争う「オリンピックレース」中となり、例年に増して熱い戦いが繰り広げられる。  

 同大会は世界バドミントン連盟(BWF)ワールドツアーの大会で、格付けはツアーファイナル以外で最も賞金や獲得ポイントが高い「スーパー1000」。オリンピックレース中の選手たちにとっては特に獲得したいタイトルとなる。スーパー1000はほか、全英オープン、中国オープンのみ。賞金額はことしのワールドツアーで最も高い125万米ドル。
 世界20カ国・地域から236選手が参加する予定。日本からは男子シングルスの桃田賢斗や女子ダブルスの髙橋礼華、松友美佐紀などの多くの注目選手が参加する。
 冠スポンサーは昨年に引き続き、たばこ大手ジャルムのグループ会社で、オンラインショッピングサイト「ブリブリ・コム」を運営するグローバル・デジタル・ニアガが務め、ジャルム財団が支援する。
 26日、中央ジャカルタで開かれた記者会見で、インドネシア・バドミントン協会(PBSI)のスシ・スサンティ育成強化部長は「選手皆のコンディションは良い。まだ1カ月あるので、調子を整えたい。東京五輪出場のため、選手一人一人が自分たちのベストを出せたら」と話した。
 昨年同大会で優勝した男子ダブルスのケフィン・サンジャヤ・スカムルジョ選手は「インドネシアのために自分のベストを尽くすのみ」と語った。
 観戦チケットはすでにブリブリ・コム、チケット・コムで販売を開始しており、大会期間中は会場のチケットボックスで直接購入も可能。価格は2万5千ルピアから。(上村夏美、写真も)

スポーツ の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly