青々とした田んぼに囲まれて のんびり昼寝気分 バリ・ウブド

 バリ島ウブドの「カフェ・ポメグラネート」で遅い昼食をとった。木造の床に座って目の前に広がる青々とした田んぼを眺めていたら、そのまま昼寝をしたい気分になった。一昔前と変わらないのんびりとしたウブドでの時を過ごした。

 チャンプアン通りに近いこの辺りに来るのは5年ぶり。ゲストハウスやカフェなどが増え、当時は田んぼのあぜ道だったような泥道が石畳になったとはいえ、バリらしい風景はそのままでほっとした。ザクロという意味のカフェ・ポメグラネートは、表通りからこの石畳の道を15分ほど歩いたところにある中村拓二郎さんの店だ。中村さんは東日本大震災をきっかけに兄とともにバリ島に移り住み、田んぼの一角を借りて2012年にカフェを開いた。
 「夕方になればヤシの木々の向こうに広がる見事な夕焼け空、夜は蛍を見ることができます。眺めだけでなく料理もすべて手作りにこだわるなど充実していますよ」とのことで、和、中、洋といろいろ並んだメニューの中から、まず「3種類のディップ」(6万5千ルピア)を。大豆を使ったフムス、アボカドのグアカモーレ、ナスのババガヌーシュはどれも程よい塩加減、風味豊かでこくがあってこれだけで満腹になるまで食べたくなりそう。
 一度に7品目を楽しめる「アソーテッド7」(7万2千ルピア)には、ちまき、白和え、ギョーザ、ブタの角煮、チラシずし、イカの天ぷら、青菜のおしたし、さらにみそ汁がついてくる。自家製のカレー粉を使ったチキンカレー(5万8千ルピア)やシンガポール風ワンタン麺(6万ルピア)もおなかに余裕があったら食べてみたかった。一品の量は多めなので、何人かで取り分けて食べるのがいいだろう。
 雰囲気も料理も価格も満点なのに「日本人観光客はウブドでの滞在期間が短いせいか、ここまで来る人は少ない」と中村さん。お昼か夕方、ウブド観光に疲れたらちょっと寄り道してカフェ・ポメグラネートでのんびりとした時間を過ごしてみてははいかが? 営業は午前9時から午後9時まで。(北井香織、写真も)

◇CAFE POMEGRANATE
住所 Jl. Subak Sok Wayah Campuhan, Ubud
☎ 0878・6080・3632
ウェブ www.cafepomegranate.org

スナン・スナン の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly