「まだ伸びしろある」 ローンボウルズ 最年長77歳の山外さん

 アジアパラゲームの日本選手団最年長選手の山外芳敬(やまそと・よしのり)さん(77)は9日、ローンボウルズの男子シングルスで今大会初勝利を挙げ、「まだまだ伸びしろはある。いつかは金メダルを取れるようなすごい選手になれれば」と笑顔で語った。
 山外さんは4年前、骨や軟骨、靭帯が神経を圧迫する「頸椎症性脊髄症」を患い、手術の影響で胸から下を自由に動かせなくなった。リハビリを重ね、松葉づえを使って歩くことはできるが、「おなかに氷を当てられても気がつかない」状態だという。
 ローンボウルズは重心の偏った約1・6キロの玉を交互に投げ、どちらが約30メートル先の目標の近くに置けるかを競う競技。カーリングのように相手の球をどかす戦略性もある。
 山外さんは13年前からこの競技を始め、国際大会にも出場する腕前だった。障害を持ってからは競技用のつえを自ら制作。腰の自由が効かなくなった分、上半身全体を前に押し出す投げ方に変えた。
 9日は午後3時15分から約2時間、中央ジャカルタブンカルノ競技場内の会場で、34度の気温のなか香港選手と投げ合い、21―15で下した。山外選手は「崩れると一気に負けていく競技。メンタルをしっかり維持できた」と勝因を語った。
 ローンボウルズは2年後の東京パラリンピックでは正式競技に採用されておらず、日本での認知度は低い。山外さんは「年寄りは『体が痛い』って家にこもりがち。障害者でも、年寄りでもできるスポーツがあるんだから、やりましょうやーっと広めていきたい」と元気に語った。(大野航太郎、写真も)

スポーツ の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly