「帰郷」で自然満喫 オバマ氏訪問 新名所を後押し

 23日からインドネシアを訪れているオバマ前米大統領。バリ島やジョクジャカルタでは遺跡などの観光名所のほか、自然を満喫できる新しいスポットも巡り、オバマ氏訪問による観光活発化を期待する声も出ている。 
 少年時代の休暇の思い出が詰まっているジョクジャカルタ。オバマ氏は家族と共に、ボロブドゥール寺院やプランバナン寺院の遺跡を巡り、2人の娘は王宮見学も楽しんだ。 
 29日には、南部の丘陵地にあるプンチャック・ブチチも訪問した。松林や果樹園が広がる一帯は、ジョクジャ市街から車で約1時間で行ける新しい観光地として注目を集める。地元住民が2015年、山道を作り、樹木の上に写真スポットを設置するなど少しずつ整備。現在、40人が運営しているという。 
 近くのマングナン地区でオバマ氏は、自然農園・レストラン「ブミランギット」にも立ち寄った。ガジャマダ大学が管理する保護林に囲まれた立地で有機野菜などを栽培、自家発電でバイオガスを活用したり、天然素材の物作り教室を開いたりと、ユニークな活動で知られる。オバマ氏はミーゴレンや野菜料理、魚スープなどを楽しんだという。

ライフ・文化 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly