スウェーデン駐イ大使呼び出し コーラン燃やされ 外務省

 スウェーデンの首都ストックホルムにあるトルコ大使館付近で21日、極右団体の代表でスウェーデンとデンマークの国籍を持つラスムス・パルダン氏がイスラム教の聖典コーランを燃やしたことを受け、インドネシア外務省は24日、駐インドネシアスウェーデン大使を外務省に呼び出すと発表した。地元メディアが報じた。
 日程は調整中だが、外務省は「あからさまな(イスラム教への)冒とくであり、宗教的寛容を深く傷つける行為だ」と事件を強く非難した。
 ロシアによるウクライナ侵攻を受けたスウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟問題で、その成否を握るトルコが事件をめぐって態度を硬化。イスラム圏の反発は根強く、加盟問題に急制動がかかっている。 (青山桃花)

政治 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

「探訪」

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly