20件目の経済特区承認 クラクラ・バリ 政府

 投資拡大による経済浮揚を図る政府はこのほど、バリ州セランガン島のクラクラ・バリを観光分野での経済特区(KEK)に承認した。国家経済特区評議会議会議長を兼任するアイルランガ・ハルタルト経済調整相は、マリーナ建設とリゾート開発で今後30年間に104兆ルピアの投資を呼び込むと表明した。地元メディアが報じた。
 今回の承認で国内のKEKは20カ所となった。クラクラ・バリで約10万人の雇用を創出するという。
 KEKへの投資促進のため政府は、国内外の投資家に減税などの優遇措置を設けており、昨年までの累計投資額は113兆2000億ルピアとなり、5万6000人以上の雇用を創出したという。
 国家経済特区評議会は昨年11月、バリ州デンパサール市サヌール地区を医療観光分野のKEKに承認している。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

「探訪」

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly