ABS標準装備の新型車 日野自動車現法 今年は目標3万8500台

 日野自動車のインドネシア現地法人、日野モータース・セールス・インドネシア(HMSI)は18日、日野500シリーズから新型トラック6車種を発表した。
 新型車は石油や化学物質などの危険物運搬仕様。けん引重量は34~46トンを対象としている。新型車は全車種にアンチロック・ブレーキング・システム(ABS)とエアコンを標準装備した。
 HMSIの内田正人社長は「ドライバーの安全のためにも本当はインドネシアで販売する全車種にABSを装備したい。日本ではABS装備が当たり前だが、国内ユーザーは安全よりも値段。エアコンも不要といわれる」という。
 HMSIは2022年、2万9880台(前年比51%増)の販売台数を記録したが、23年の販売目標は「3万8500台」(同社のサンティコ・ワルドヨCOO=最高執行責任者)に設定した。理由として、パーム油、石炭、ニッケルなどの鉱山での需要やバスの購入が増えていることを挙げた。内田社長は「今はレバラン帰省シーズンを控えてバス会社からの問い合わせが増えている。資源輸送の需要も多い。インドネシアの勢いはすごい」と話す。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

「探訪」

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly