過剰供給は110万平方㍍ ジャカルタ オフィススペース

 ジャカルタ特別州で新型コロナウイルス感染拡大を契機に入居率が減少する一方、オフィスビルの増加に伴う過剰供給が続いている。地元メディアが伝えた。
 米系不動産大手コリアーズ・インターナショナル・インドネシアによると、同州では昨年、ムナラBRI、MTH27など3件の大規模オフィスビル(供給面積は計33万平方㍍)が完成。第4四半期の入居率は商業中心地区(CBD)で74・7%。同地区外は70・8%となっている。
 世界経済の不安定を背景に企業のオフィス移転やスペース拡張の動きが減少。不動産関係者は州内のオフィススペース過剰供給は110万平方㍍に達しており、解消には少なくとも3年かかるとみている。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

「探訪」

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly