アニス氏の支持率2位に プラボウォ氏と逆転 次期大統領選

 民間調査機関SMRCは20日、次期大統領選に関する支持率調査の結果を発表した。これによると、中部ジャワ州のガンジャル・プラノウォ知事の支持率が26・5%と最も高かった。ジャカルタ特別州のアニス・バスウェダン前知事は18・6%にまで上昇し、16・8%のプラボウォ・スビアント国防相を抜いて2番手に躍り出た。
 調査は3〜11日の間、ランダムに抽出した全国の有権者1220人を対象に対面方式で行った。このうち1029人から有効回答を得た。
 アニス氏は10月16日に州知事としての任期を満了して以来、職域に縛られるガンジャル、プラボウォ両氏を尻目に全国を遊説。アニス氏を大統領候補としての擁立を決めたナスデム党の政治集会にも参加するなど、支持層を広げている。
 一方、19日に出馬する意思を表明したサンディアガ・ウノ観光・創造経済相の支持率は上から7番目となる1・4%。ガンジャル氏が所属する闘争民主党のプアン・マハラニ国会議長は上から13番目の0・6%だった。調査対象となった大統領候補は45人いる。

政治 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

「探訪」

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly