レバランは4月22~23日 政府 2023年の祝日決定

 ムハジル・エフェンディ人材開発・文化調整相は11日、2023年の祝日とチュティ・ブルサマ(有給休暇取得奨励日)を政府決定したと発表した。来年のレバラン(断食月明けの大祭)は4月22~23日となった。地元メディアが報じた。
 祝日とチュティ・ブルサマはムハジル氏のほか、ヤクット宗教相、イダ労相が共同決定。来年の祝日は計16日、チュティ・ブルサマは計8日とした。レバランとチュティ・ブルサマ、土日を合わせた4月23~26日は、6日間の大型連休となる。
 レバラン以外の連休は1月21~23日、4月7日~9日、4月29日~5月1日、6月2~4日が3連休となり、12月23~26日は4連休となる。
 また、ムハジル氏は昨年、チュティ・ブルサマについて「新型コロナウイルスの感染状況をみながら決定する」として日程変更を繰り返したが、今年の対応について現段階では言及を避けた。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly